補助金が入るようになったらアニメは終わり

「ワンピース」長峯達也監督に聞く(下)

それで世の中ちょっとでも良くなれば。近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」という気持ちを、アニメ作りでもやりたいと思っているんです。

――『プリキュア』成功の裏には、そういう思いが込められているのでしょうか?

結局、映像作品だけでなくて、おもちゃも『プリキュア』という作品の一つなんです。それと『プリキュア』はデパートの屋上とかでよく着ぐるみショーなどのイベントをやっていますが、そこに行けば子どもたちは『プリキュア』に会える。もちろん最初からそういう考えでプロジェクトを立ち上げたわけではないですが、みんなで考えていくうちに、そういう世界観になってきたんです。

ベタなものをきちんとつくることの大変さ

――長峯監督が今のアニメ界に思うことは?

僕は自分で作品を作る時に、「クラシックな物はクラシックでなくてはいけない」ということを意識しています。『ONE PIECE』はちゃんと『ONE PIECE』でなくてはいけない。だからそのためには技術が必要になる。今、ベタなものは簡単に作れると思っている雰囲気がありますが、そういうクラシックなものこそ、きちんと作るのはけっこう大変なんです。

――やはり東映アニメーションにはこれまでの道を進んでほしいという気持ちはありますか。

誤解を恐れずに言うならば、僕たちの商売は子どもを喜ばせてナンボ。人気があるということは、文化として発展しているわけですから。経済的な基盤がなく、補助金などが入るようになったら、大衆文化としては多分終わりです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。