補助金が入るようになったらアニメは終わり

「ワンピース」長峯達也監督に聞く(下)

――上映館が300館と、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』に比べて拡大されるというところにも、意気込みが感じられます。

スクリーンアベレージがそのままの状態だったらいいんですが。ただ、現在すごくありがたいのが、『ヱヴァンゲリヲン劇場版:Q』の上映前に『ONE PIECE』の予告編が上映されているということ。『ヱヴァンゲリヲン劇場版:Q』も50億円を超える勢いだと言われているんで、それだけの人数に予告編を観てもらえるというのは大きい。純粋にアニメが好きな人も多いと思いますから。

――東映アニメーションの強みとは?

長峯達也(ながみね・たつや)
映画監督
東京都生まれ。東映アニメーション所属。「ハートキャッチプリキュア!」シリーズや「冒険王ビイト」を手掛け、映画では「デジモンセイバーズTHE MOVIE 究極パワー!バーストモード発動!」「映画 Yes! プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険」などの監督を務める。

他のアニメ会社と比べ、自分たちで作った作品を、きちんと売ることができる体制が整っていて、会社の中だけで完結しているという点が大きな違いだと思います。東映アニメーションの場合、大泉が制作スタジオで、新宿に営業所がある。新宿には版権とかマーチャンダイジングといった部署がまた別にあって、そこにも多くの人員を割いている。同じ会社の中で、作品を理解している人が版権を管理し、商売ができていることが強みだと思います。

制作から営業・版権管理まで自前で人員を抱えていて、プロジェクトの進むべき方向にきちんと動いてくれる。アニメ作家は割とフリーダムな人が多いんで、作っているうちに段々と方向性が変わっていくこともある。本来ならスカッとするものを作りたいはずなのに、なぜか逆な方向に向かってしまったり……。そうすると、宣伝する方は困っちゃいます。しかし、東映アニメーションの場合はそういうことがない。商売として計算できますし、かつ優秀な人が多いので、バランスがとれた会社だと思います。

子ども向けアニメは難しい

――子ども向けアニメを多く作られていますが、そういう意味での強みはありますか?

実は子ども向けのアニメは、けっこう難しい。アクションを入れたり、おもちゃを絡めたりしなければならないですから。作家性の高い人だとそういったことを「おもちゃなんて」と軽視してしまう。でも東映アニメの場合は、演出家やプロデューサーを社内に抱えているので、おもちゃにからめる、子どもを喜ばせる、といったノウハウが蓄積されている。

(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会

外部の人が途中からいきなり入ってくるのは難しいと思います。たとえば『ONE PIECE』をやるといっても、まずはコミックを68巻分読まなければいけない、といったところから始めなくてはならない。東映アニメでは、昔からジャンプアニメを手掛けていますし、『ONE PIECE』のアニメも13年目を迎えました。やはり知っている人でなければ作れない、という自負はあります。

次ページおじいちゃんとプリキュアとのかかわり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。