補助金が入るようになったらアニメは終わり

「ワンピース」長峯達也監督に聞く(下)

――おもちゃをからめるというのは、おもちゃ作りに最適なキャラクターを生み出すとか、そういうことですか?

『プリキュア』を例に話すと、バンダイさんからこういうおもちゃを作りたいとか、こういうテーマをモチーフにしたいといった提案があるわけです。そこから、たとえば親御さんが子どものために買い与えてもいいかなと思えるようなアイテムが登場する物語を考え出すのです。

おじいちゃんとプリキュア

おもちゃにできないアイテムではなく、かつおもちゃが素敵に見えるように演出したいと思っています。何事もリアルにしようとすると、シックな絵になったり、絵もおしゃれになったりしがちですが、やはり子供は色が派手なのが好きなので、そういう部分は考えます。

やはり商売ですから、子どもを喜ばせることを考えてあげないと。結局は子どもに人気がないと作品だって見てもらえない。どうしてもアニメ業界の人たちってピュアな人が多いので「お金のことを言うなんて汚い」と考える人が多い。おもちゃを想定して、それを前面に出して演出すると、「商売のための30分CMを作るなんてはいかがなものか」などと言われる。でも結局おもちゃを買うことによって、作品が広まるなら僕はその方がいいと思う。

たとえば、おばあちゃんやおじいちゃんが久しぶりに孫に会う時に、孫を喜ばせたいと思う。そこで『プリキュア』のおもちゃを買って行くと、「おばあちゃん大好き!」と言われて、孫とコミュニケーションがとれるようになる。それでその子が大人になったときに、「そういえば子どものときに『プリキュア』のおもちゃを買ってもらったな。じゃ、今度は私が娘に……」というように受け継がれていく。僕はいつもそんな妄想をしているんです(笑)。

次ページ今のアニメ界に何を思う?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。