キティちゃんの名参謀は、異端のエリート

新世代リーダー 鳩山玲人 サンリオ取締役

鳩山玲人
サンリオ取締役
鳩山玲人
1974年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、三菱商事に入社。エイベックスやローソンなどでメディア・コンテンツビジネスに従事。その後海外に渡り、2008年にハーバードビジネススクールでMBAを取得。同年、サンリオに入社し、10年に取締役事業戦略統括本部長に就任。現在、経営戦略統括本部長、海外事業本部長兼全社改革室長を担当している。サンフランシスコ在住。

今、海外で最も成功している日本のエンタメ企業はどこか?

その筆頭候補に挙がるのは、サンリオだろう。

同社が手掛けるキティちゃん(ハローキティ)は、今や世界の人気者だ。そのネットワークは109カ国に広がり、毎年5万種類以上のグッズが売れている。キティちゃんブームにのって、サンリオの業績も右肩上がり。2012年3月期には、過去最高となる189億円の営業利益をたたき出した。

しかし、つい数年前まで、サンリオは青息吐息の状態だった。収益が悪化し一時は最終赤字に転落、借金も膨らんでいた。そこからなぜ一気に挽回することができたのか。

その謎を解くキーマンが、同社で取締役を務める鳩山玲人だ。

08年、鳩山はわずか35歳で同社の米国法人COO(最高執行責任者)に就任すると、矢継ぎ早に改革を断行し、海外事業を一気に軌道に乗せた。現在は、海外部門に加えて、国内の改革も担当し、数百名の人間を束ねている。名実ともに、サンリオのエースである。

白いワイシャツにスーツ姿の社員が目に付くサンリオ本社のオフィスで、ジーパンにTシャツという鳩山のスタイルは異彩を放っている。その出で立ちと同様、彼のこれまでの人生もユニークである。

次ページ盛田昭夫、井深大、石倉洋子との出会い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT