キティちゃんの名参謀は、異端のエリート

新世代リーダー 鳩山玲人 サンリオ取締役

現在サンリオは、「真のグローバルキャラクターカンパニー」を目指し、「再建」から「成長」へのシフトを進めている――その実現のカギを握るのは、鳩山が先頭に立って手がける、次の3つのテーマにある。

一つ目は、M&A。その狙いは、事業・キャラクターのポートフォリオ拡大と、世界で活躍できる人材の獲得にある。すでに2011年末には、欧州で人気のキャラクターを多数有する、英ミスターメンを買収。キティちゃんで培ったノウハウを、他のキャラクターにも横展開していく。

2つ目は、事業エリアの拡大だ。具体的には、ハーモニーランドなどのテーマパーク、ライブショーの収益性アップに加えて、かつて手がけていた映画・アニメビジネスへの返り咲きも視野に入れている。

そして3つ目が、新しい消費の流れに適応していくことだ。とくにデジタル分野でどう存在感を拡大していくかが大きなポイントになる。

新しい姿への脱皮を目指す会社と同じく、鳩山も自己変革を課している。彼がつねに心掛けているのは、人生を楽しむこと、自分の定義を狭めないこと、そして、捨てる勇気、変える勇気、一歩を踏み出す勇気を持つことだ。

「僕自身も変化していかないといけない。つねにチャレンジしていかないといけない。それが気持ちいいし、楽しい」

3児の父である鳩山は、13年の1月で39歳になる。父が他界した40歳が迫ってきた。「40歳になるとどうなるんだろうという期待と、怖さみたいなものがありますね」

世界に旋風を巻き起こした鳩山とキティちゃんの名コンビ。2人の挑戦は、これから第二章に突入する。

=敬称略=(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。