「芥川賞・直木賞」をどれだけ知っていますか

思わず人に話したくなる薀蓄100章

日本で最も長い歴史を持つ文化賞です(写真:Graphs/PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。
蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「芥川賞」と「直木賞」。第153回芥川賞に輝いたお笑いコンビ・ピース又吉直樹氏の小説『火花』のドラマがネットドラマで配信され、再び話題になっている。あなたはどのぐらい芥川賞と直木賞を知っていますか。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

芥川賞と直木賞を設立したのは同じ人物だ

01. 芥川賞と直木賞は、日本で最も長い歴史をもつ文化賞

02. 芥川賞と直木賞の正式名称は、それぞれ「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」

03. ともに昭和10年、菊池寛が友人の芥川と直木の業績を記念し設立した文学賞

04. 菊池寛は新聞小説『真珠夫人』で人気となり、私財を投じて雑誌『文藝春秋』を創刊した作家

05. 芥川賞は純文学の短・中編小説に与えられ、基本的に無名もしくは新進作家が対象となる

06. 直木賞は大衆文学の長編や短編集に授与される賞。対象となるのはある程度のキャリアをもつ中堅作家

07. 芥川賞、直木賞ともに作品を公募する方式ではなく、すでに雑誌等に掲載、単行本化されたものから選ばれる

08. 選考対象となるのは、まだ両賞を受賞していない作家

09. よって芥川賞と直木賞、両方を受賞した作家はいない

10. 芥川賞受賞作品は雑誌『文藝春秋』に発表される

モノ・マガジン7月2日号(6月16日発売)。特集は『グッドチョイス・アメリカ!』『決めたぜ!RTD』『美しい睡眠』『地方創生/きらきら羽越』などです。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

11. 直木賞受賞作品は雑誌『オール讀物』に発表される

12. 正賞として「懐中時計」、副賞として賞金が授与される

13. 懐中時計は、以前はロンジン、オメガ、セイコー製など

14. 現在の正賞の懐中時計は銀座和光謹製。裏に賞の名前、贈呈式の日付、受賞者の名前が刻印されている

15. 第1回~第20回の副賞は500円

16. 現在は副賞100万円

17. 主催は日本文学振興会という文藝春秋社の社内団体

18. 芥川賞、直木賞とも授賞は年2回

19. 上半期は12月1日~5月31日までに発表された作品が対象。選考会は7月中旬、贈呈式は8月中旬

20. 下半期は6月1日~11月30日までに発表された作品が対象。選考会は翌年1月中旬、贈呈式は2月中旬

次ページ受賞作品はどのように選ばれているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT