「007」の真実をどれぐらい知っていますか

この薀蓄100章は思わず人に話したくなる

ボンドカーを代表する車種もといえるアストンマーチンDB5(写真:AP/アフロ)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。
蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「007」。アメリカの人気スパイ映画の最新作は、初の女性監督が誕生するかもしれないと、つい最近話題になったところだ。あなたはどのぐらい007のことを知っていますか。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。
この連載の一覧はこちら

01. 007シリーズは、英国の小説家イアン・フレミング原作のスパイ小説と、それを原作とする人気映画シリーズ

02. 007は、英語圏では「ゼロゼロセブン」ではなく「ダブルオーセブン」と読むのが一般的

03. 007は、主人公ジェームズ・ボンドのコードネーム

04. ジェームズ・ボンドは英国秘密情報機関MI6の工作員

05. MI6は通称で、正式にはSIS(Secret Intelligence Service)

06. 身分は国防省勤務の海軍予備役中佐

殺しのライセンス

モノ・マガジン6月16日号(2日発売)。特集は『憧れる小屋』『ニッポンのビール』『大逆転モバイルギア』『コンビニの力』などです。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

07. 007の00は殺人許可証(殺しのライセンス)を与えられた証。作品中で001~012までの存在が確認されている

08. 原作の設定では、ボンドの身長は183㎝、体重76㎏

09. ジェームズ・ボンドはスコットランドの高山地方生まれ。両親はジェームズ11歳の時、登山中の事故で死亡。叔母チャーミアンに育てられた

10. ジェームズ・ボンドの生年月日は作品によって異なる。原作では戦前に生まれ、第二次世界大戦にも参加している

11. コネリー~ムーアのボンドは1920年代生まれで、ダルトン、ブロスナン、クレイグのボンドはそれぞれの俳優が誕生した年がボンドの産まれた年となった

12. クレイグのボンドは1968年4月13日生まれに設定され、それまでのボンド作品とは全く別な時系列となっている

13. ジェームズ・ボンドの名はフレミングの愛読書『西インド諸島の鳥たち』の著者である鳥類学者の名前に由来する

14. ジェームズ・ボンドは英語、フランス語、ドイツ語に堪能。特技はナイフ投げ、ボクシング、射撃

15. 趣味は、美食、美酒、スピードカー、カード

16. ステアせずシェイクしたウォッカマティーニを愛飲

17. ボンドが考案したマティーニのバリエーションのひとつとして知られる「ヴェスパー」。「カジノ・ロワイヤル」で登場するボンドの恋人の名をカクテル名に冠したもの

18. 「ヴェスパー」のレシピは、ゴードンジン3、ウォッカ1、キナ・リレ1/2を氷でシェイクし、レモンの皮を加える

19. シャンパン好きでも知られる。ドンペリニヨン、テタンジェ、ボランジェが好物

20. ボンドは愛煙家で、ライターはロンソンを使用

次ページ英国人に珍しく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT