起業家ジャーナリズムが伝統メディアを救う

「ギーク」を味方にエコシステムを創造せよ

ジャーナリズムの未来はイノベーション(革新)からしか生まれない(写真:Rawpixel / PIXTA)

新聞、テレビを筆頭に、既成メディア産業がインターネットという、あらゆる産業を飲み込んで放さない変化の渦に引きずり込まれ、もがいている。

この過酷さの構図が、わが国を数段上回る厳しさと速さで進展しているのが米国だ。減り続ける収入の下、多くの報道機関、メディア企業が、斃(たお)れるか、あるいは買収再編の波にさらされる一方で、ネットから次々に生み出されたテクノロジーの尖兵たちの攻勢にも、刻一刻と対応を迫られている。

起業家ジャーナリズムとは何か?

上の書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

そこに処方箋を与える書がある。『デジタルジャーナリズムは稼げるか』だ。この書は、大手メディアに対してはもちろん、グーグルやフェイスブックといったテクノロジー強者にも、恐れを知らぬ、独立独歩の言論をなしてきた著者ジェフ・ジャービスが、ジャーナリストやメディア企業の経営者らに与える最新の処方箋である。

著者は、その足どりに自信を失いがちな現代のジャーナリストらに、「起業家ジャーナリストたれ」と檄を飛ばす。

「ジャーナリズムの未来はイノベーション(革新)からしか生まれないし、(そこから)私たちはジャーナリズムを存続させるための手立てを見つける必要がある」という立場の著者からすれば、なによりもジャーナリズムの「イノベーション」が重要であり、それを成し遂げる存在こそ起業家的ジャーナリストというわけである。

では、なにをどう「革新」するのか? 「デジタル・ジャーナリズムは稼げるか」と書名にあるように、ポイントは「デジタル」を味方につけ、その可能性を駆使することにある。

次ページ「デジタル」を味方につけるには?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT