起業家ジャーナリズムが伝統メディアを救う 「ギーク」を味方にエコシステムを創造せよ

拡大
縮小

ジャーナリズムやメディア産業のゆくえを征しかねない強者、グーグルやフェイスブックは、いずれも、この人間関係ビジネスを基盤とするものだと、著者は指摘する。ジャーナリストは、このようなデジタルの力を活用して、自らの見識、情報整理力、意見の提唱、情報流通の場づくりを推進すべきなのだ。

可能性の萌芽として、たとえば、「ハリケーン・サンディ」が米国東海岸を襲った際の報道が例にあがる。マスメディア報道の陳腐さに対し、ソーシャルメディアを活用した住民らの自発的な情報交換、地域や専門テーマに特化した情報メディアの活動が、その間隙を埋めた。

ギーク(テクノロジー)を味方につけよ!

ジェフ・ジャービス(Jeff Jarvis)/ニューヨーク市立大学大学院ジャーナリズム学科教授。タウ・ナイト・センター(ジャーナリズムをめぐる研究と調査を行うシンクタンク)の責任者。「シカゴ・トリビューン」紙記者をはじめ、雑誌者、メディア企業社長などを経験。著書に『グーグル的思考——Googleならどうする?』『パブリック——開かれたネットの価値を最大化せよ』など、その他、数々のブログや寄稿記事を執筆中(撮影:井上未雪)

本書原題は、「贈り物を携えた“ギーク(おたく)”」というものである。「贈り物を持ったギリシャ人には気をつけろ」(トロイの木馬)との古い諺をもじった表現だ。

ネットが生んだ、テクノロジーを駆使する勢力がメディア、ジャーナリズムに近づき、そして席巻する、現代の状況を皮肉るものだが、同時に「ギークがメディア、ジャーナリズムにもたらしてくれる贈り物に本当に感謝している。テクノロジーは、メディアにチャンスをくれる」とも述べる。本書が扱う数々の新しいメディア活動の事例は、ソーシャルメディア、ブログ、検索エンジン、地図など、いずれもが広く一般に提供されているデジタル・ツール(贈り物)を活用したものだ。

ジャーナリズムに求められる「革新」とは、テクノロジーを敵に回すのではなく、味方に引き寄せることであり、独占ではなく、エコシステムの創造にあると、本書は繰り返し伝える。信念の書であると同時に、得がたい実践の書といえるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT