大学業界で、これからも食えますか?

キャリア相談 【Vol.2】

ここからはご質問者の個人の力ではどうにもならない日本の大学教育の展望についてです。

ご存じのとおり現在、欧米の有名ブランド大学は積極的にアジア展開を行っています。有名大学の名前を冠したプログラムをアジアの大学と設立するのもトレンドです。この中で、欧米有名大学は日本を飛び越え、中国やシンガポールの大学との提携を進めています。その背景には、欧米の大学側が新興国の経済成長を重視し積極的にプレゼンスを築いていることや、学生の英語力、大学関係者のコーディネート力・英語力といった問題もあるでしょう。

先進的な大学に移るのもアリ

日本の学生が世界で働いていくためには、日本の中堅大学でも外国人教員の受け入れ比率の増加や、学生が海外で学べるジョイントプログラムの増強が必須となってくることでしょう。

人気沸騰中の国際教養大学。ほとんどの授業は、英語で行われる(撮影:梅谷秀司)

日本の大学は生き残りのために、これらを推進すべきでしょうが、既に固まったシステムの中で進めるのはいろいろと障壁があります。まだまだ歴史の浅い、秋田にある国際教養大学が超一流企業に続々と卒業生を送りこんでいるのは有名な話です。同校はほとんどの授業を英語で行っていますが、こうした教育システムもすでに固まったシステムがなかったからこそ実現可能だったとも言えます。

ご質問いただいた大学教育の成長分野は海外の大学とのより密接な連携、外国人教員、留学生のケアやプログラムのコーディネートといった分野です。企業の人材ニーズや海外の大学との連携について語ることのできる人材はますますニーズが高まるでしょう。

ただし、大学によって体制や意識のバラツキが大きく、現実的にはご質問者の方が一人で何かできることはありません。英語でのコミュニケーションを学び、こうした分野の先行事例をご自分で研究された後には、先進的な大学に移ってプロとして仕事をされるのも選択肢の一つかと思います。

※ 塩野さんへのキャリア相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。