寝たきり防げ!骨粗鬆症は「つくって」治す

旭化成の新薬が大ヒット

薬効について詳しく触れる前に、まず骨粗鬆症のメカニズムを解説しよう。骨は皮膚と同様に新陳代謝を繰り返して、しなやかさと強さを保つ。「破骨細胞」が古くなった骨を溶かし(骨吸収)、「骨芽細胞」が新しい骨を作り修復する(骨形成)役割を担っている。

骨粗鬆症はこの骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨の量が減ってしまう病気である。自覚症状が出ていない人も含めて、日本での潜在患者数は1200万~1300万人ともいわれる。加齢とともに発生しやすい病気だが、骨密度が絶対的に低く、閉経によって骨を保つ女性ホルモンが急激に減少するため、特に中高年の女性に多い。

女性の場合、50歳ごろから骨が急激に減り始めるが、一般的に本格的な治療をしているのは60代後半~70代の患者が中心で、実際に薬物などを投与しているのは250万人程度と受診率は決して高くないといわれる。

テリボンは骨の形成を促進

この骨粗鬆症のメカニズムに対し、テリボンは「骨芽細胞を増やし、骨形成を促進することで骨折抑制率を高める」(旭化成ファーマの古川栄一・骨領域プロジェクト長)という薬効を示す。

日本イーライリリーも「フォルテオ」の名称で同種の薬を販売。いずれも注射薬だが、テリボンは医師による週1回投与、フォルテオは患者自身の毎日投与という違いがある。また、テリボンの場合で、生涯に72週間までしか投与できないという一部制限がある。

テリボンのようなPTHが登場するまで、日本の骨粗鬆症治療薬は、骨吸収を抑える薬が主流を占めてきた。PTH薬はこれまでと逆の作用で骨粗鬆症を治すというワケだ。

次ページ手軽なパッチ薬の開発も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング