寝たきり防げ!骨粗鬆症は「つくって」治す

旭化成の新薬が大ヒット

骨が弱って骨折しやすくなる病気である「骨粗鬆症」(こつそしょうしょう)。すぐには命にかかわらないが、放置しておくととても怖い病気だ。進行すると、体重で背骨が潰れる圧迫骨折や太ももの付け根の大腿骨の骨折などにつながる。大腿骨を折ると寝たきりになってしまう。

この治療現場に、静かな変化が起きている。

「しっかり歩けるようになった」「痛みが取れた」――。骨粗鬆症の症状が、目に見えて改善する事例が相次いでいる。昨年秋に旭化成ファーマが発売した新薬「テリボン」(=写真左=)の投与を始めた患者からの声だ。

「極端な例では『(骨粗鬆症による大腿部などの骨折が原因で)寝たきり状態になった人が座れるようになった』という話も聞く」。旭化成ファーマの杉本智志・骨領域プロジェクト企画グループ長は言う。

1年で発売時の想定ピークを超過

この「テリボン」が、骨粗鬆症治療の現場で大ヒットしている。旭化成は昨年秋の発売を前にピーク時の販売金額を年間156億円と設定した。ところが、2013年3月期の9月中間決算を終えて、旭化成はテリボンの今期販売計画を170億円と、それまでの同141億円から大きく上積みした。

発売からわずか1年でピーク時の目標金額を早くも超えてしまったことになる。想定以上の売れ行きであり、旭化成が投入した新薬でここまでヒットした例は過去にほとんど例がない。

「PTH」(副甲状腺ホルモン製剤)とも呼ばれる「テリボン」がヒットしているのは、従来の骨粗鬆症薬では得られなかった薬効が評価されているためだ。

次ページ骨粗鬆症のメカニズムとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT