移植や縫合なしで損傷神経をつなぐ

東洋紡が医療機器を開発

移植や縫合なしで損傷神経をつなぐ--東洋紡が画期的な医療機器を開発

事故や病気などで神経が損傷してしまったら--。一般的にはどのような治療法があるかご存じだろうか。

まず「自家神経移植」という方法がある。患者自身の健常な神経を採取して、損傷してしまった部位に移植するやり方だ。ただ、健常な部位に傷をつけてしまったり、痛みやしびれが残ったりする可能性がある。もう一つは切れた神経同士を直接縫合する「神経縫合」。これも張力がかかると治癒せずに、知覚異常や痛みが残るケースがあるという。

また、大ケガを負って救急病院に運び込まれた患者を治療する際に、切れた血管や骨をつなぐのを優先するために、やむをえず神経をつながないこともある。

では、移植や直接縫合をしなくても神経を修復できたらどうだろうか。そんな夢のような技術を東洋紡が開発した。9月に発表した新しい医療機器「神経再生誘導チューブ」(=写真=)がそれである。現在、厚生労働省に製造販売承認を申請、厚労省の審査を受けており、2013年春に正式な販売が開始される見込みである。

神経再生誘導チューブを、断裂した神経の欠損部分にはめこみ、固定することで中枢側から神経が、チューブの内腔に沿って伸び、末梢側の神経とつながって機能が回復する。チューブ自体は、体の中に吸収されるポリグリコール酸(PGA)などで構成されているため、人体にほとんど害なく、約3カ月で分解され体内に吸収される。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT