移植や縫合なしで損傷神経をつなぐ

東洋紡が医療機器を開発

移植や縫合なしで損傷神経をつなぐ--東洋紡が画期的な医療機器を開発

事故や病気などで神経が損傷してしまったら--。一般的にはどのような治療法があるかご存じだろうか。

まず「自家神経移植」という方法がある。患者自身の健常な神経を採取して、損傷してしまった部位に移植するやり方だ。ただ、健常な部位に傷をつけてしまったり、痛みやしびれが残ったりする可能性がある。もう一つは切れた神経同士を直接縫合する「神経縫合」。これも張力がかかると治癒せずに、知覚異常や痛みが残るケースがあるという。

また、大ケガを負って救急病院に運び込まれた患者を治療する際に、切れた血管や骨をつなぐのを優先するために、やむをえず神経をつながないこともある。

では、移植や直接縫合をしなくても神経を修復できたらどうだろうか。そんな夢のような技術を東洋紡が開発した。9月に発表した新しい医療機器「神経再生誘導チューブ」(=写真=)がそれである。現在、厚生労働省に製造販売承認を申請、厚労省の審査を受けており、2013年春に正式な販売が開始される見込みである。

神経再生誘導チューブを、断裂した神経の欠損部分にはめこみ、固定することで中枢側から神経が、チューブの内腔に沿って伸び、末梢側の神経とつながって機能が回復する。チューブ自体は、体の中に吸収されるポリグリコール酸(PGA)などで構成されているため、人体にほとんど害なく、約3カ月で分解され体内に吸収される。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。