親を寝たきりにしない!転倒骨折防ぐ新製品

カネカが新製品を投入

親を寝たきりにしない!転倒骨折防ぐ新製品

人間の体は老化とともに筋力や新陳代謝などが衰えていく。老化が進んだ状態で気をつけなければならないのが、転倒による大腿骨頸部の骨折だ。最悪の場合は「要介護状態」や「寝たきり」になる。

大腿骨頸部を骨折した人は2007年で14.8万人。とくに高齢女性に多く、今後、高齢化が一段と進む中で2020年には25万人、2030年には30万人に増加するという予想もある。

この骨折を防止しようとする新製品を化学メーカーのカネカが開発した。10月12日に発売する「カネカヒッププロテクター(婦人用)」(=写真=)である。

ヒッププロテクターは10年以上前から日本で販売されているが、従来品は装着されるパッドの硬さや分厚さを理由にした着用感の問題から、高齢者が着用を敬遠したり、着用しても短期間で使用をやめたりするケースが多く、普及が進んでいないという。

これに対して、カネカが新たに開発したヒッププロテクターは、独自に開発した衝撃吸収性に優れるイソブチレン系熱可塑性エラストマー(商品名「SIBSTAR」)を使用。名古屋大学や芝浦工業大学との共同研究を通じて開発した衝撃拡散性に優れる独自形状を採用して、衝撃吸収性と衝撃拡散性の両機能を装備した。厚みも約6ミリメートルと従来にない薄さのため、従来品よりも着用感にも優れる。

販売はカネカの全額出資子会社で健康食品(サプリメント)などを販売するユアヘルスケアが担当する。当面はネット通販のルートとなるという。価格はインナーウエアと衝撃吸収パッドのセットで8900円、インナーウエアが4900円。関連製品も含めて5年後に10億円の売上高を目指しているという。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT