寝たきり防げ!骨粗鬆症は「つくって」治す

旭化成の新薬が大ヒット

画像を拡大
(注)エルシトニン、フォルテオ、テリボンは注射剤。エルシトニン、テリボンは1週間投与量の価格を7で割った1日分の薬価

旭化成ファーマは、骨吸収を抑制するカルシトニン薬の「エルシトニン」を1992年から販売、長い歴史を持つ。が、テリボンの売り上げは薬価が10倍近く高いこともあり、直近の単月ベースではエルシトニンを抜いているという。

旭化成ファーマは4~5年後の実用化をメドに、皮膚に貼って簡単に投与できるパッチ剤の開発も進めている。骨粗鬆症の治療現場で、PTH薬がますます広がる可能性がある。

(タイトル下写真はイメージで本文とは関係ありません)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。