ふるさと納税を100倍にした九州男児の手腕

焼き物の街を蘇らせた有田まちづくり公社

東京から佐賀へUターンして有田まちづくり公社を立ち上げた藤山氏
芸能、アート、農業、ファッション、ITなど、さまざまなグラウンドで活躍するリーダーにフォーカスする熱中ニッポン。第4回目は、観光で町の経営を活性化する、株式会社有田まちづくり公社の取締役 兼 クリエイティブディレクター 藤山雷太(ふじやま らいた)氏にインタビュー。
有田まちづくり公社が発足してから、まだ1年。ふるさと納税3億円達成、スターバックスのアートワークを手掛けるなど、有田町に次々と新しい旋風を巻き起こしています。2016年、有田焼創業400年のメモリアルイヤーを迎える有田町で、有田まちづくり公社と藤山さんのチャレンジについてお聴きしました。

有田まちづくり公社とは?

この記事はDiGJAPAN!(運営:昭文社)の提供記事です

――有田まちづくり公社とはどんな組織ですか。

有田まちづくり公社は、有田町の魅力を発信したり、有田町のコンテンツを新しいビジネスとして事業化するために生まれた組織です。2015年4月に発足して、10月には佐賀観光活性化ファンドの第1号案件として出資を受けました。有田商工会議所の中に事務所があって、社長の高田を中心に4名の常勤スタッフと5名の非常勤スタッフがいます。

私は大学卒業後、新卒でDeNAに入社しインターネットマーケティング・広告営業を勤めましたが、地域で何か貢献したい気持ちが強く、2011年に佐賀にUターンしました。伯父が経営していた窯元「しん窯」のECサイトを立ち上げ、有田焼の新しいブランドづくりを模索していた頃、社長の高田と偶然出会いました。高田の考え方や人柄に触れて、「地域の課題を解決し、地域に貢献するサービスを創りたい」と考え、有田商工会議所及び国のファンドである地域経済活性化支援機構(REVIC - レビック)と連携して、有田まちづくり公社を立ち上げることになったのです。

次ページメンバー全員がヨソ者
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT