錯覚学-知覚の謎を解く

一川 誠著

体験された内容と実際とが異なることを総称して「錯覚」という。このうち視覚に関する錯覚は「錯視」、事柄についての認識が客観的事実と異なることを「錯誤」と呼ぶ。著者によれば、私たちが知覚を通して体験している内容は、観察されている対象の物理的特性とはさまざまな点で異なっているらしい。一方でその異なり方には何らかの規則性があったり、合理性に基づいていたりするのだとか。

人はどのように錯覚するのか。地平線の月が大きく見えたり、高速で回転する車輪の回転方向が実際とは逆に見えたりするのはなぜか。そもそも人は「正しく」見ることができるのか。錯覚に潜むリスクにも言及しながら、知覚の謎に迫る。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT