錯覚から探る「見る」ことの危うさ《第3回》--不可能ではない「不可能立体」

不可能立体の絵と呼ばれるだまし絵がある。図1、図2、図3がその代表的な例である。
 
 図1は、中庭のある建物の屋上に作られた階段で、登り続けると出発点に戻るというありえないことが起こってしまう。「無限階段」と呼ばれている。このだまし絵はオランダの版画家エッシャーが作品「上昇と下降」(1960)の中で使ったことでも有名である。
 
 図2は、ペンローズの四角形と呼ばれており、ひねりが加わった形で角材が輪につながっている。だからまっすぐな角材をつないだのでは作れそうにない。
 
 図3は、柱の前後関係が床と天井で逆転した構造を表している。これもエッシャーの作品「ものみの塔」(1958)の中で使われている構造を単純化したものである。


    
 これらのだまし絵は、長い間、絵には描けるけれど立体としては作れない、と思われてきた。しかし、実際には、立体として作れるものがあることがわかってきた。そのきっかけは、絵を理解するコンピュータを作りたいという研究であった。
 
 私は、研究の中で作ったコンピュータソフトウエアの振る舞いを確かめるために、だまし絵も見せてみた。だまし絵は間違った絵であることをコンピュータがちゃんと判断するところを見たかったからである。
 
 しかし、期待に反して、コンピュータが、だまし絵を立体として解釈してしまうことがあった。調べてみると、ソフトウエアの間違いではなくて、立体として作れるだまし絵があることがわかってきたのである。
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。