錯覚から探る「見る」ことの危うさ《第3回》--不可能ではない「不可能立体」

不可能立体の絵と呼ばれるだまし絵がある。図1、図2、図3がその代表的な例である。
 
 図1は、中庭のある建物の屋上に作られた階段で、登り続けると出発点に戻るというありえないことが起こってしまう。「無限階段」と呼ばれている。このだまし絵はオランダの版画家エッシャーが作品「上昇と下降」(1960)の中で使ったことでも有名である。
 
 図2は、ペンローズの四角形と呼ばれており、ひねりが加わった形で角材が輪につながっている。だからまっすぐな角材をつないだのでは作れそうにない。
 
 図3は、柱の前後関係が床と天井で逆転した構造を表している。これもエッシャーの作品「ものみの塔」(1958)の中で使われている構造を単純化したものである。


    
 これらのだまし絵は、長い間、絵には描けるけれど立体としては作れない、と思われてきた。しかし、実際には、立体として作れるものがあることがわかってきた。そのきっかけは、絵を理解するコンピュータを作りたいという研究であった。
 
 私は、研究の中で作ったコンピュータソフトウエアの振る舞いを確かめるために、だまし絵も見せてみた。だまし絵は間違った絵であることをコンピュータがちゃんと判断するところを見たかったからである。
 
 しかし、期待に反して、コンピュータが、だまし絵を立体として解釈してしまうことがあった。調べてみると、ソフトウエアの間違いではなくて、立体として作れるだまし絵があることがわかってきたのである。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT