錯覚から探る「見る」ことの危うさ《第3回》--不可能ではない「不可能立体」


 図1、図2、図3のだまし絵から作った立体が、それぞれ図4、図5、図6である。それぞれの絵の左の画像はだまし絵と同じように見える位置から見たところで、右の画像は、別の方向から見た姿である。


図4.「無限階段」を実現した立体



図5.「ペンローズの4角形」を実現した立体



図6.「冗談の好きな4本の柱」を実現した立体

 
 だまし絵から立体を作る方法は、今までにもなかったわけではない。
 
 つながっているように見えるところに不連続なギャップを設けたり、平面に見えるところに曲面を使ったりするトリックはよく知られていて、公園のモニュメントなどにも利用されている。
 
 しかし、私のソフトウエアが見つけた立体は、そのようなトリックを含んでいない。図4、図5、図6からわかるように、つながっているように見えるところはつながったまま、平面に見えるところは平面のまま作りながら、だまし絵を立体化できている。

というわけで、図1、図2、図3のような絵を見たとき、人は二重の意味でだまされていると言えよう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT