女子のキャリア 「男社会」のしくみ、教えます 

海老原嗣生著

かつてに比べて、女性が働きやすい環境については整ってきている。出産後の復職や育児休暇、短時間勤務、周囲の配慮などだ。ところが、それまで築き上げてきたキャリアは、いったんクリアされてしまうのが現実だ。多くの男性はまだそこに気づいていない、と著者は言う。

本書は、これから社会に出る女性をはじめ、結婚・出産を考えている女性などを対象に、男性と同等に働くとはどういうことか、どう自分のキャリアを育んでいけばいいのかを論じたものだ。

長年、リクルートグループで、人事と女性のキャリア関係の仕事に携わってきた著者が、男社会の中で真に有意義な女子のキャリアとは何かを問いかける。

ちくまプリマー新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。