女子のキャリア 「男社会」のしくみ、教えます 

海老原嗣生著

かつてに比べて、女性が働きやすい環境については整ってきている。出産後の復職や育児休暇、短時間勤務、周囲の配慮などだ。ところが、それまで築き上げてきたキャリアは、いったんクリアされてしまうのが現実だ。多くの男性はまだそこに気づいていない、と著者は言う。

本書は、これから社会に出る女性をはじめ、結婚・出産を考えている女性などを対象に、男性と同等に働くとはどういうことか、どう自分のキャリアを育んでいけばいいのかを論じたものだ。

長年、リクルートグループで、人事と女性のキャリア関係の仕事に携わってきた著者が、男社会の中で真に有意義な女子のキャリアとは何かを問いかける。

ちくまプリマー新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。