新版・敬天愛人 ゼロからの挑戦 

稲盛和夫著

自らの経営と人生で得た考え方やあり方を、JAL再建に至るまで数多くのエピソードを交えて、京セラの名誉会長がつづった。

「人間として正しいことを正しいままに追求する」ことは、一見企業経営にとって無縁に映るかもしれない。しかし、人間のあるべき姿を追求することにより、経営の拠って立つべき座標軸も明らかになる。経営は経営者の人格の投影でしかありえない。そのため、人間として正しい判断基準を持てば、それは必ず経営の実践の場において有効に機能するはずである、という「哲学」が基盤にある。

ビジネスパーソンが成功するために必要な、日々の行動に対するヒントも豊富に織り込まれている。

PHPビジネス新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。