脳からみた認知症

伊古田俊夫著

認知症を患う人は、まもなく300万人を超えると予想されている。それだけ自分が認知症になる確率が高まってきているともいえよう。

認知症は、記憶力の低下や徘徊、さらには人格を疑いたくなるような多くの問題行動にかかわることから、第三者に不信感や恐怖感を抱かせることがままある。認知症サポート医である著者は、認知症を診断や治療の対象となる「脳の病気」としてとらえることによって、こうした誤解を少しでも緩和する目的で本書を著したという。

認知症はどうして起こるのかなどの医学的見地からの考察と、認知症患者とどう付き合えばいいのかなどの社会的見地からの考察を併せて盛り込んでいる。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT