武器としてのコミュニケーション(その3)

自己完結型の言葉遣いはNGです

職場で仕事をスムーズに進めたいなら、まず相手に対する態度や姿勢も考えて「自分を正す」ことが重要です。なぜなら、親しき仲にも礼儀が大事だからです。

具体的には、背中をピンと伸ばして「これからちゃんと話すますよ」というスタンスを示すことです。そうすれば、こちらが相手と対話をしたいのだという意欲が伝わるはずです。

さらに、お互いの目線が合うような姿勢を心掛けてください。

たとえば、席に座っている上司に対して、立ったままで業務報告をするのはNGです。

明らかに上から目線になってしまいます。対策としては、自分の椅子を持ってきて座って対話をすれば、目線は合うはずです。逆に、自分が席に座っているタイミングに、

「昨日頼んだ仕事は進んでいるか?」

と上司が立った状態で声をかけてきたら、あなたも立ち上がって対話することを心掛けてください。きっと、効果的な仕事コミュニケーションの機会になることでしょう。

また、お互いが本気で対話をするためには、周囲の雑音に振り回されない場作りが大切です。そのために2人で個室にこもって……とできればいいのですが、大抵の場合は職場のオープンな空間で対話します。

周囲の雑音に邪魔されず、集中した有意義な対話の場を作るためには、お互いの「距離」と「位置」の設定を考えることが重要です。

まず距離は、握手するのにちょうどいいくらいの幅が適切でしょう。それ以上近いと圧迫感が出て、逆に遠いと疎外感が出ます。机を挟んでの対話が多いでしょうが、座るときにうまく距離を工夫してみてください。

 

次ページ嫌味な英語表現を使っていませんか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。