武器としてのコミュニケーション〔その2〕

いい仕事を続けるためには、仕事におけるコミュニケーションの「質」を上げることが大切です。たとえば、営業職のあなたがお客様のクレームへの対応を上司に相談する場合、

「お客様が怒っています。どうしたらいいでしょうか?」

では、上司も困ってしまいます。ここで的確に状況を報告して、自分なりに考えた次のアクションを提示することで、上司の指示が的確になるのです。

ところが仕事のコミュニケーションで質を上げるのは難しいもので、訓練しないといつまで経っても向上しません。

私も上司として、何年経ってもコミュニケーションの質が上がらない部下にたくさん遭遇しました。ところが、質を上げるのはなかなか難しいものがあります。ここでは上司として自分のコミュニケーションの質が低くて失敗した恥ずかしいケースを1つ紹介させてください。

ちょうど求人広告の営業課長をしていたときの話です。新規営業を中心とする私の部下は毎日何社も営業をし、契約を取ってくるハードな仕事です。一方、上司の私には10名以上の部下がいましたので、全員の状況を把握して的確なアドバイスをするために、

① 1日の行動とトピックス
  ②(あれば)相談・連絡事項

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。