武器としてのコミュニケーション〔その2〕

さて、話を整理します。このように仕事コミュニケーションの「質が高い」とは、

①状況を的確に伝える
  ②周囲からサポートをもらう
  ③仕事の成果を高める

このサイクルを意識して対話することです。あなたは上司や同僚と質の高い仕事コミュニケーションができていますか? これから確認をしていきましょう。

では、ここで仕事コミュニケーションの質の違いについて理解いただくために、いくつかのケースを紹介しましょう。

ケース)
職場の机でメールチェックをしていたら、上司から呼ばれて、
「昨日の営業会議の議事録を明日までにまとめておいてくれないか?」
と指示を受けました。多忙で業務量がパンパンなので新たな仕事をこなせるか、少々不安を感じています。そんな状態でどのような対処をしますか?


①「はい、わかりました」と、質問しないで渋々作業に入る
②「何枚くらいにまとめたらいいですか?」と、わからない点を訊ねる
③「業務が立て込んでいるので明後日まででもいいですか?」と交渉する

ここで普段のあなたの対処、考えた結果として気づいた対処法を書いてみましょう。
「忙しいから③がいいかも」
いろいろ意見が分かれるところかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。