武器としてのコミュニケーション〔その2〕

さて、話を整理します。このように仕事コミュニケーションの「質が高い」とは、

①状況を的確に伝える
  ②周囲からサポートをもらう
  ③仕事の成果を高める

このサイクルを意識して対話することです。あなたは上司や同僚と質の高い仕事コミュニケーションができていますか? これから確認をしていきましょう。

では、ここで仕事コミュニケーションの質の違いについて理解いただくために、いくつかのケースを紹介しましょう。

ケース)
職場の机でメールチェックをしていたら、上司から呼ばれて、
「昨日の営業会議の議事録を明日までにまとめておいてくれないか?」
と指示を受けました。多忙で業務量がパンパンなので新たな仕事をこなせるか、少々不安を感じています。そんな状態でどのような対処をしますか?


①「はい、わかりました」と、質問しないで渋々作業に入る
②「何枚くらいにまとめたらいいですか?」と、わからない点を訊ねる
③「業務が立て込んでいるので明後日まででもいいですか?」と交渉する

ここで普段のあなたの対処、考えた結果として気づいた対処法を書いてみましょう。
「忙しいから③がいいかも」
いろいろ意見が分かれるところかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。