「地震で家屋倒壊」を生き延びる現実的な方法

命を守るための最低限の空間は確保できる

ベッドの周囲を補強した個人用「安心防災ベッド枠」

4月14日が前震、16日が本震となった、かつて例のない大規模活断層地震は、熊本、大分に甚大な被害を与えました。被災地では、多くの家屋、建物が倒壊して住民がその下敷きになり、特にお年寄りの方が逃げ遅れて亡くなられたという悲しいニュースも報じられています。

地震の度に思うのですが、耐震基準を満たしていない古い家屋の倒壊が目立ちます。耐震基準を満たしていない建物は全国で未だ2割もあるそうで、こうした建物の補強が必要になっています。

ただ補強が必要と一言で言われても、改修費用は数百万円単位でかかるので、おいそれとはできないのが現状ではないでしょうか。

多額の費用をかけない耐震補強の方法

そうした「耐震補強」を比較的安くできる方法を、前々から研究している企業があります。大阪ドーム近くに本社を構えるフジワラ産業の藤原充弘社長です。建物全体を耐震補強するのは大変ですが、取り敢えず寝室だけを補強して、睡眠中の圧死だけでも防げたら、と考えました。こうして生まれたのが、ベッドの周囲を補強した個人用「安心防災ベッド枠」です。

貴重品、家財等、大事なものはたくさんありますが、地震の際は、何をおいてもまず自分の命。その一点に着目することで費用の圧縮を図りました。

次ページ「安心防災ベッド枠」の価格は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT