海苔ビジネス、「粉末化」で拓けた新しい道

その用途は離乳食にも化粧品にも

鍵庄の入江恵子社長。海苔が原料の化粧品とは?

海苔から化粧品を作っている会社があります。海苔が化粧品の原料になるとは、と驚きました。でも、理由を聞けばもっともです。海苔の構造にその秘密がありました。

兵庫県明石市にある「鍵庄」

会社は、兵庫県明石市にある「鍵庄」という会社です。従業員80名。本社工場はおしゃれなコンクリートの打ちっ放し。隣には、工場直売のお店もあります。本業は海苔の加工製造販売で、女社長の入江恵子さんが昭和52(1977)年に創業。今年40周年を迎えます。お父さんが地元明石の漁師で、1本釣りでは有名な方だったそうです。

「一番摘みの海苔のおいしさを伝えたい」

この連載の一覧はこちら

創業当初は、自社ブランドを持たない味付け加工屋でした。玉石混交の海苔を味付けしていた中で、たまたま新芽の海苔を口にしました。「このおいしさはいったい何なの?」と驚き、その感動を皆に伝えたいと思いました。現在、「明石のり鍵庄」のブランドで、味付け海苔、焼き海苔から子供向けの海苔までをそろえています。品質には徹底的にこだわり、素材は初冬に収穫される極上の「一番摘み」の海苔だけに限定。味付け海苔もタレにこだわって、海苔本来の旨味を引き出すように工夫しています。

「一番摘みの海苔は、非常に柔らかく、口に入れると蕩(とろ)けてしまいます」と入江社長。試食したところ磯の香りがぷ~んと感じられる逸品でした。リピーターも多く、顧客への直接販売と卸販売で全国展開しています。

次ページ子育ての時の疑問から整腸作用のサプリメント誕生
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。