「IoT」とは何か、今さら聞けない基本中の基本

モノのインターネットで何がどう変わるのか

ご存知の通り、介護者不足は深刻な問題です。自宅のカギがインターネットにつながることで、実はここまでのフィードバックが考えられるのです。これがIoTによるモノがインターネットにつながる大きなメリットであり、ビジネスとしての可能性でもあるのです。

こうしたフィードバック(課題解決)までを考えることが、IoTビジネスを行う上でのポイントです。しかし、自社で何かしらのIoTを活用した取り組みを行ったとしても、並大抵の課題解決では、IoTは効果を発揮しません。

このとき、大切なのは、「圧倒的なコスト削減や利便性」です。たとえば、IoTサービス・商品によって、これまで毎月数千円かかっていたものが数百円となったり、これまでかなり手間を取られていた作業が必要となくなったり、そういった突出した利便性、コスト削減についての訴求を考えることで、自社のIoTへの取り組みが加速することが考えられます。

「本質」を理解し、「仲間づくり」を促進する

ここまでで、IoTの概要やポイントをご理解いただけたでしょうか。

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

しっかりとIoTの「本質」を理解することが肝要です。表面的な理解では、IoTをビジネスとして取り入れることはできません。また、「仲間づくり」も大切です。IoTビジネスを考える際、センシングからアクチュエーションまで、すべてを自社で完結できないこともあるでしょう。しかし、決してすべてを1社で行う必要はありません。

モノづくりが得意な企業、クラウドや人工知能において長けている企業があると思いますが、それぞれの得意分野を生かして、他社と組むことで、IoTによるイノベーションを起こすことは可能です。IoTの本質を理解し、自らの立ち位置を明確にして、不得意なところを誰と組む(仲間をつくる)かを考えることが大切なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT