「IoT」とは何か、今さら聞けない基本中の基本

モノのインターネットで何がどう変わるのか

ご存知の通り、介護者不足は深刻な問題です。自宅のカギがインターネットにつながることで、実はここまでのフィードバックが考えられるのです。これがIoTによるモノがインターネットにつながる大きなメリットであり、ビジネスとしての可能性でもあるのです。

こうしたフィードバック(課題解決)までを考えることが、IoTビジネスを行う上でのポイントです。しかし、自社で何かしらのIoTを活用した取り組みを行ったとしても、並大抵の課題解決では、IoTは効果を発揮しません。

このとき、大切なのは、「圧倒的なコスト削減や利便性」です。たとえば、IoTサービス・商品によって、これまで毎月数千円かかっていたものが数百円となったり、これまでかなり手間を取られていた作業が必要となくなったり、そういった突出した利便性、コスト削減についての訴求を考えることで、自社のIoTへの取り組みが加速することが考えられます。

「本質」を理解し、「仲間づくり」を促進する

ここまでで、IoTの概要やポイントをご理解いただけたでしょうか。

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

しっかりとIoTの「本質」を理解することが肝要です。表面的な理解では、IoTをビジネスとして取り入れることはできません。また、「仲間づくり」も大切です。IoTビジネスを考える際、センシングからアクチュエーションまで、すべてを自社で完結できないこともあるでしょう。しかし、決してすべてを1社で行う必要はありません。

モノづくりが得意な企業、クラウドや人工知能において長けている企業があると思いますが、それぞれの得意分野を生かして、他社と組むことで、IoTによるイノベーションを起こすことは可能です。IoTの本質を理解し、自らの立ち位置を明確にして、不得意なところを誰と組む(仲間をつくる)かを考えることが大切なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。