「食べる」ドラマがテレビを席巻しているワケ

「ごちそうさん」「天皇の料理番」脚本家が語る

ドラマにおけるアイテムとして「食べ物」は強い(写真 :tomos / PIXTA)
「ごちそうさん」(NHK総合)や「天皇の料理番」(TBSテレビ)など、“食”をモチーフとした作品を手がけた脚本家の森下佳子氏。自身のドラマにおける“食べること”の意味や狙いについて話を聞いた。

「ごちそうさん」で描きたかったのは“食卓を囲む人”

GALAC5月号の特集は「食べるドラマ」。食にまつわるドラマについて多方面から分析している(書影をクリックすると電子書籍の販売サイトにジャンプします)

──まず「ごちそうさん」を引き受けた、そもそもの話から伺います。

最初は制作統括の岡本幸江さんから「夫婦ものにしたい」という話がきました。今までの朝ドラには女の子が夢を追いかけるというフォーマットがあったんですが、どうも今の若い人には「夢の達成=幸せ」みたいな感覚はないんじゃないか、他の形で幸せというものを追求できないか……それで夫婦恋愛にして、食べ物をモチーフにということでした。

期間が長いだけに心配したんですが、〝食べる〟ということから逃げられる人はいないので、そのテーマを幹としてすがれば20数週走れるんじゃないかと思いました。テーマが「お菓子」だったら私は走れなかったかも。お菓子はそんなに必要な人じゃないので。酒飲みだし(笑)。

時代設定を大正の終わりから昭和にしたのは、過去を通して今を書いてみるのがいいのかなと思ったからです。関東大震災があって恐慌がきた、あの時代は現代の世相とすごく似ているところがあるんです。戦争を挟めば「食=幸せ」という図式も響きやすいだろうと思いました。

次ページ東京と大阪の食文化の違い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT