コンビニ・グルメ最新事情--緻密な商品開発が結実、中食の改良で新規客を獲得

コンビニ・グルメ最新事情--緻密な商品開発が結実、中食の改良で新規客を獲得

チェーン全店売上高が、2008年度は前期比11%増と好業績を上げたファミリーマート。既存店の日商伸び率は、タスポ効果を除いても同2%増程度と、小売業界全体が沈む中で好調が目立った。

その業績を牽引したのは、弁当類やデザートなどの日配商品と、店頭で調理されるフライドチキンやおでんなどファストフード。コンビニの原点ともいうべき中食分野での売り上げアップが好業績につながった。6年前から進めてきた「ジェネレーション」「プライス」「リージョナル」という3軸による商品開発がようやく実を結んだといえる。

一つ目のジェネレーション戦略では、社内外から横断的に集めた10人程度の開発チームを結成した。これまで、若者向けのボリューム系商品に偏りがちだったコンビニ弁当だが、20年前にコンビニヘビーユーザーだった20代ももう40代。コンビニの利用客も中高年層が年々増えるなか、客の年齢構成比と品ぞろえにミスマッチが生じていたのを解消しようと、「同世代による同世代のための商品開発チームを結成した」(ファミリーマート商品本部デリカ食品部長・赤荻達也氏)。

現在、商品開発チームは20代男性による「チーム若人」、20代後半~30代女性の「チームОL」、40~50代男性の「チームおやじ」、60代以上の「チーム団塊」の四つ。中でも「チームおやじ」は、「活〆かんぱち」など酒のつまみ系の品ぞろえが受け、3~4年前に比べて売り上げ3~4%増と効果を発揮した。

また、プライス戦略では「ユニットの価格」を重視。消費者が価値を感じる価格と量の相関関係に注目した。「だいたい1グラム当たり1円以下になると、販売動向がいい。つまり、450円の弁当だと450グラム以上でなければ価値を感じない。客層に応じ1グラム当たりの価格や量でセグメントしている」(同)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT