ベンチャーが先導する再生医療、臓器移植の代替も視野に応用研究が進む

拡大
縮小

現在、再生医療の実用化が進んでいるのは皮膚、軟骨、骨などで、角膜、血管、心筋、神経などがそれに次ぐ。一方、膵(すい)臓、肝臓、腎臓、脳など、立体的で高度な機能を持つ臓器はまだ先になりそうだ。

こうした体性幹細胞を使った再生医療の研究者も、iPS細胞発見の衝撃を大きく受け止めている。07年11月のヒトiPS細胞樹立発表からわずか1年半、再生医療研究は、従来の体性幹細胞を使った治療や臨床研究に加え、iPS細胞の活用に大きく踏み出している(下図参照)。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT