「不器用な独女さん」はこうやって結婚した

外資美女、38歳でガテン系男子と「特急婚」

「映画に行った日の後からは毎日のようにLINEが来て、週末は一緒にいるのが当然のような雰囲気になりました。ダンナは私とは違って恋愛体質なんですね。私のほうは『結婚の話が出るのは先のことだろうから、他の可能性も探そう』ぐらいの気持ちでした。独身生活が長くなると知らず知らずのうちに意固地になってしまう気がして、門戸を広げていこうと思っていたんです。他のバーで出会ったバツイチの男性とも並行してデートしていました。それを知ったダンナはますます燃えちゃいましたね(笑)」

ちゃんと付き合い始める前であれば、裕子さんぐらいの心構えが正解だと筆者は思う。言い古されていることだが、男性は「一度手に入れたはずなのに逃げるもの」を必死に追いかける習性がある。デートはしながらもライバルの存在を意識させることは大いに有効だ。

妊娠→即、プロポーズ→両親にあいさつへ

「私も会うたびにダンナのことが好きになっていました。あるときに『付き合ってほしい』とハッキリ言ってくれたんです。男らしい人だなと思いました」

雅之さんは裕子さんと出会う1カ月前までは9歳年上の女性と長く付き合っていた。3歳上の裕子さんは年上とも見なさなかったようだ。

付き合い始めてすぐに子どもができた。裕子さんによれば「大丈夫な日に避妊しなかった。年齢が年齢なのですぐにはできないと思っていた。油断だった」とのこと。結婚前の妊娠はまったくの想定外だったが、このときも雅之さんが男気を発揮してくれた。

「その日にプロポーズしてくれて、翌日には彼の両親に合わせてくれました。その翌日には私の両親に挨拶をして、さらに次の日にはブライダルフェアに行きました」

恋愛体質だという雅之さん。やるときはやる男なのだ。今でも仕事が終われば妻子が待つ家にまっしぐらに帰ってくる。遊び好きの裕子さんも家事と育児中心の生活に今のところは不満を感じていない。

「友だちと飲みに行くと伝えると夫から『何時に帰ってくる?』と必ず聞かれます。浮気の心配や嫉妬ではなく、とにかく私と一緒にいたいようなのです。結婚するまでは個人主義で自由な生活だったのでとても新鮮です。フラフラしている私は、これぐらい束縛してくれる人とでなければ結婚生活は送れないのだと思います」

そう言いながら、裕子さんは2杯目の白ワインを軽く飲み干した。昼のはしご酒モードだが、酒に弱い筆者はすでに限界だ。大阪駅まで送ってもらって帰路ついた。裕子さんのような豪放磊落な女性には、男気はあるけれど普段は優しくて寂しがりな雅之さんがぴったり合うのかもしれない。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT