クックパッド"分裂"、急成長にブレーキも

創業者が経営方針を巡り、現経営陣と対立

佐野氏が経営トップの座を穐田社長に引き継いだのは2012年5月。発表資料には佐野氏が「陣頭指揮を取り、世界戦略と技術開発に集中する」ことが交代の理由に挙げられていた。

その後、6月の決算説明会で、穐田社長は健康や美容に加え農業なども取り込む、「食のプラットフォーム」を目指すと宣言した。佐野氏も当然、こうした方針を把握していたはずだ。

これ以降も穐田社長は、知育アプリや電子書籍、結婚式場口コミサイトなどに手を広げつつ、米国やスペインのレシピサイト買収など、海外展開を進めてきた。

提案が通ったとしても、前途は多難

ではなぜ、佐野氏はこのタイミングで異議を唱えたのか。考えられるのは、先行投資に対する意識の違いだ。

佐野氏は米国に移り、英語版レシピサイト事業に注力してきたが、15年度の月間利用者数は約60万〜90万程度と苦戦が続き、テコ入れが必要な状況。しかし、毎年、成果を求められる穐田社長は、長期化しそうな先行投資に消極的だったのではないか。この点で意見の衝突があったとしても不思議ではない。

今後、委任状争奪戦になった場合、議決権比率から佐野氏が有利なのは間違いない。ただ、取締役刷新の人事が通ったとしても、前途は多難だ。穐田社長を支持する人材の流出など、経営を揺るがす問題に直面する公算は大きい。

ユーザーに喜ばれるサービスを追求し、レシピサイトに熱を与え続けた佐野氏と、収益力の強化を着実に進めた穐田社長。「二人が別々の役割を担って全体が成長していた。最強のタッグと思っていたのだが……」(証券アナリスト)。ネット業界を代表する成長企業は、急減速しかねない事態を迎えている。

「週刊東洋経済」2016年2月6日号<1日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。