カヤックがウェディング事業を始める理由

「面白法人」はどこまで本気なのか?

ウェディング事業に参入した面白法人カヤック。新しい挙式の形を作れるか

「既存事業とのシナジーが薄いように見えるかも知れないが、2016年度の数字を見てから判断して欲しい」――。昨年11月、カヤックの2015年12月期第3四半期決算説明会で、ウェディング業界への参入について勝算を問われた柳澤大輔CEO(最高経営責任者)は、こう力を込めた。

2014年に上場した同社の創業は1998年と、ネット業界では古参だ。これまで “面白法人カヤック”を標榜し、広告コンテンツ開発やスマホゲーム開発・運営などを手掛けてきたが、なぜ、このタイミングでウェディング分野に進出したのか。

新たな収益柱を作れるか?

本業の調子は、悪くない。2015年度の通期業績は増収増益の計画だ。足元の主力事業のスマホゲームは「ぼくらの甲子園!」が堅調で、売上高の半分以上を占めて業績を牽引している。

ホームページにある事業紹介。マンガ雑誌をテーマにした企業サイトは類を見ない

もう一つの柱である広告コンテンツの受託開発では、2015年にサンリオのテーマパーク「サンリオピューロランド」の集客企画として手掛けた「ちゃんりおメーカー」が大ヒット。自分や友人に似せてサンリオ風のキャラクターを作れるアイデアが受けて、昨夏のサービス開始から累計1900万人超が利用するサービスとなった。

しかし、変動が激しいゲーム頼りの一本足打法は経営上のリスクが大きい。受託開発はヒットを生み出しても、自社事業ではないので収益貢献は一過性のものに過ぎない。そこで、収益に占めるゲームへの依存度を下げると同時に、継続的な収益柱となる事業を広く育てていく狙いだ。

次ページハードルは高い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。