ロンドンにある「日本人サッカー学校」の秘密

「帝京ロンドン学園」はプロも輩出している

帝京ロンドン学園での授業の様子
東福岡高校の優勝で幕を閉じた、全国高校サッカー選手権大会。連日熱戦が繰り広げられ、スカウト達の視線も熱く降り注いだこの大会から、将来日の丸を背負う選手も出てくるかもしれない。
その一方で、遠く離れたイギリスの地で戦う同年代の選手達がいる。帝京高校に代表される帝京グループの日本人学校、帝京ロンドン学園サッカー部の生徒達だ。近年創設されたサッカーコースが実を結び、日本人学校でありながら所属するバッキンガムシャー州の州大会で優勝、さらには在学中にスペインリーグと契約する生徒を輩出するまでに至った。
なぜ、サッカーの本場イギリスで日本人学校が結果を残せているのか。帝京ロンドン学園サッカー部顧問の末弘健太教諭にその理由を聞いた。

「本場でプレーを」に応えて設置

――まず、帝京ロンドン学園サッカーコース開設の経緯を教えてください。

学園自体は1989年に創設されました。当時は日本からロンドンに駐在される方が多かったため、そういった家庭の子ども向けでしたが、日本からの留学生も当時から受け入れていました。現在は、多くの生徒が日本からの留学生です。

また、サッカーコースの開設は2008年ですが、それ以前からサッカー部自体はあって「本場でサッカーをやりたい」と入学してくる子どもが多かったんです。それならそのニーズに応えようと、サッカーに特化したコースを開設しました。本校の生徒は基本的に寮に入りますが、駐在者の生徒など一部は通学して通う生徒もいます。サッカー部は全員が寮生です。現在、3学年合わせて15人の少数精鋭で部活動を行っています。

――具体的にはどのようなカリキュラムで指導していますか。

午前中は普通科の生徒と同じ授業を、午後からはサッカーコース独自の授業を行っています。具体的には、動画を使ったサッカー戦術の解析や専属のフィジカルトレーナーが個別に組むフィジカルトレーニング、プロ選手を輩出しているアカデミーのイギリス人コーチによるボールトレーニングなど。練習後にはトレーナーがマッサージを行うこともあります。

次ページカリキュラムや指導内容は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。