バカ売れする「受験便乗」菓子はココが違う

語呂合わせだけじゃない存在価値を訴求

もっとも、成功したコラボばかりではない。話題にもならないこともあったというが、こうした取り組みが広まり、「応援のために使える」商品として開花した。

カールおじさんはパイオニアでもあった

「ほっこり応援しています」と語るカール担当の島田圭一郎氏。カール担当者は毎年、湯島天神に合格祈願に行くそうだ

受験応援菓子に参戦しているメーカーは多い。実は、受験生向け商品を日本で最初に取り組んだのは、2001年、カールおじさんで知られる明治「ウカール」と言われている。どのように生まれたのだろう。

カールといえば誰もが知っている商品だけに、よく言えば安心、悪くえば古いイメージが定着している。目先のイメージを変えるため、期間限定で新しい味を出し続けた時期もあった。その数は200を超えると言うが、目新しい味は直ぐに飽きられる。

「散々やって気づいたのは、結局、目新しい味はすぐに飽きる。味に逃げるのではなく、カールの原点は何かということが大事だと。それは、ほっこりするような楽しさや安心感を与えることでした」と、カールを担当するマーケティンググループ専任課長の島田圭一郎氏は話す。

「誰」にどんな「価値」を届けたいのか

顧客との接点を増やすことを重視するようになり、そこで出てきたひとつが受験だった。受験生本人や友人が多く買うというキットカットと違い、「ウカール」を買うのは受験生の家族が多いという。家族はカールそのものを食べたいというより、わが子の受験が成功するようにと、応援したい気持ちで買う。つまり、ウカールは、昔から変わらない安心感という価値を、受験生のみならず、その家族にも与えていたわけだ。

その先が興味深い。こうした接点を大切にする取り組みを増やしてきた結果、大人のユーザーが増えているのだ。カールのユーザーの中で、30代以上の男性が非常に大きなボリュームゾーンだという。

キットカット、カールのみならず、受験に便乗した商品は多い。味やパッケージといった目先の改善に走ったり、名前を変えるだけでは、大きな成果は出ていない。結局は、食べる本人だけではなく、「誰」にどんな「価値」を提供するのかの勝負。小手先の改善ではない、存在価値を定義し直し、その価値をきちんと訴求できた商品が、成功に結び付いている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。