(第8回)【速報!】2009年度新卒採用戦線 緊急レポート

(第8回)【速報!】2009年度新卒採用戦線 緊急レポート

採用プロドットコム株式会社

※下記のアンケート調査の一部を速報します。詳細なレポートは3月31日発売の週刊東洋経済に掲載されます。

【調査概要】
■企業向け調査
調査主体:東洋経済新報社、採用プロドットコム(http://saiyopro.com)
期間:2008年3月4日~17日
対象:日本の主要上場企業、未上場企業の採用担当者に対してアンケート調査
回答数:958社
■学生向け調査
調査主体:みんなの就職活動日記(http://www.nikki.ne.jp
期間:2008年3月4日~13日
対象:就職活動中の2009年卒予定大学生、大学院生に対してアンケート調査
回答数:1639人

(1)3月前半までに内定が出た業界(学生アンケート)



・1位は医薬・化学・化粧品業界。内定者のほとんどは理系学生。日本経団連「倫理憲章」は大学院生についても4月以前の選考活動の自粛を求めたが、効果はなかった?

・2位は、1位と僅差で情報処理・システム業界。こちらは文系・理系がほぼ同数。例年早期から内定を出す傾向が強いが、今年も同様。

・3位は建設・住宅・不動産業界。こちらもほぼ文系・理系が同数。

・4位は電機・機械・材料業界で、内定者の比率は理系が多い。ただ、大手電機企業はまだほとんど内定を出しておらず、先行して動いている準大手・中堅企業の内定と見られる。

・5位はコンサル・シンクタンク業界。早期に採用活動を行う代表格で、すでにかなりの率で内定を出している。

(2)すでに面接を受けた会社数(学生アンケート)



・面接を受けた学生は全体の73%。約4人に3人が受けていたことになる。

・内定1~3社で48%、4~6社が16%。すでに7社以上の面接を受けているつわものも9%いる。

・3月前半時点での面接0社と答えた学生に3月後半の予定を聞いたところ、ほぼ3人に2人は面接が入っていると答えている。
 アンケート回答以降に面接が決まる学生もいるだろうから、9割以上の学生が3月末までに面接を経験すると予想される。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT