嫁と姑の確執勃発!夫はどちらに付くべきか

嫁の不満を受け止めつつ教え諭すべし

一般に、双方がもめた場合の夫(息子)が取り得る立場は4パターンです。完全にどちらかの味方について一方を叱責するか、もめるに任せて「見ざる聞かざる言わざる」に徹する。またはあなたのように双方共と、あなたが愚痴や不満を聞ける関係を保つ立場です。

少々お疲れのようですが、これまでのあなたが取って来られた態度は、間違っていません。解決しなくとも夫として息子としての責任を、果たしてこられたと思います。

妻も母親も敵に回さないことが大事

随分前ですが、私は、母親からも妻からも自分がいちばんの味方だと思わせている人、合田さんと出会いました。そして、そのやり方に理想の夫であり息子である姿を見た思いでした。親と同居する彼は、計算してそのような態度を取っているのではありませんでしたが、実に見事にその役割を果たしています。

妻(私の友人)には、「君の言い分はよくわかる。君の方が正しい。でも、あの年代の親の性格をすぐに変えるのは難しい。折を見て責任を持って自分が言い聞かせるから、若い君の方から我慢できることは我慢して尽くして欲しい。最終的には私はいつでも君の味方だ」。

その妻は、「夫はお姑さんにも、反対のことを言ってなだめていると思う。だってあの口の悪いお姑さんの口から、『嫁の味方ばかりする』と言って息子を叱るのを聞いたことがないから」。「それでも私の不満をじっくり聞いてくれ、最終的には私の味方だと思わせてくれる夫の存在は大きい」。「そして知らず知らず、お姑さんも私も、あまり息子(夫)を困らせないように自制し、成長してきたと思う」というのです。

合田さんはそれぞれの言い分をただ聞き流していただけではなく、いつも誠実にそれを受け止め、しかしじっくりと時間をかけて有形無形で、両者に働きかけていたのです。

想像ですが彼は母親にも、「お母さんの言い分が正しい。でも妻はまだお母さんほど賢くないから、それを覚えるのはこれからです。私も努力するから、お母さんの力も貸してください」なんて、言っていたのではないでしょうか? これはその妻の想像でもありますが。

次ページ夫は「妻の味方をしている」と妻に思わせるべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。