嫁と姑の確執勃発!夫はどちらに付くべきか

嫁の不満を受け止めつつ教え諭すべし

それぞれの性格や相性、環境やトラブルの深刻さが違い、すべての家庭に当てはまるとは言えませんが、ひとつのヒントになると思います。稲田様、母親と妻の折り合いが悪い場合は、結婚生活を優先するのであれば、夫は妻側に立つべきです。少なくとも「妻側になっている」と妻に思わせなければなりません。

その理由はいくつもありますが、たとえば妻の味方をしても母親との仲が永久に絶たれることはありませんが(例外はありますが)、逆だと家庭不和に繋がり、下手すれば離縁に発展するからです。

あなたの妻は、昔の家制度の元で結婚したのではなく、あなたと結婚したのです。母親と妻の言い分が、どっちもどっちなら、基本的には妻側にたちましょう。少々妻の言い分にわがままや未熟な点があろうと、いったん、夫は妻の味方をするべきです。親が原因で夫婦仲たがいなど、ナンセンスです。(もちろん、常軌を逸した鬼嫁である場合は別ですが。)

これが原則だとお断りした上で、私には一家言あります。

非常識で自己チュウな嫁と、野放しにする夫

妻がとてもわがままだったり行儀が悪く、親戚そのほかの他者との交流にも極端に非常識な場合があります。そしてタチが悪いことにこういう人ほど、自分がいちばん正しいと公言してはばからず反省や譲歩、妥協することを知りません。相手のすることなすことを悪いようにしか受け止めないのです。「そんな人いるか」という声が聞こえてきそうですが、甘やかされて育った人に多く、「親の顔が見たい」と思える人は、結構多いのです。

そんな妻でも従っておくのが無難と考えてか、妻に影響されて彼女が正しいと心底考えてか知りませんが、“婦唱夫随”夫婦をよく見かけます。私の周囲の口の悪い連中は、「バカップル」と揶揄しています。

但しそんな「バカップル」の一方でさえ、相手のあまりの非常識や行儀の悪さに突如嫌気がさし、よくない結果を招くことがあります。そんなカップルには、ぜひ申し上げたいことがあります。

「夫(又は妻)の愛があるからと天下を取った気分で自己チュウでいると、ひどい目に遭いますよ。そんな時こそ相手の立場に立ち、賢く振る舞うのが真実の愛情ですよ」。

そして他方には、「100%野放しにして来たあなたにも責任がある」と申し上げたいです。そんな伴侶と、夫婦仲睦まじくできること自体が、私の理解の及ばないところですが、そんなバカップルがどのような子供を育てるのかも心配です。

次ページいくら嫁が酷くとも母親の干渉は厳禁
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。