「本質」を読み解けば、市場は予想できる

金融機関の予想に振り回されないために

自分の軸となる考えを持つためにも、自分の頭でしっかり考え大局的な見方を養いたい(写真:almagami/PIXTA)

拙書『中原圭介の経済はこう動く(2016年版)』では、「米国の利上げ」と「中国経済の減速」が今後の最大のリスクとなり、米国の利上げを機に1カ月以内に円高トレンドに転換し、株安が進むという事態を予測させていただきました。

正直申し上げて、私は経済の予測よりも市場の予想のほうが格段に難しいと考えているのですが、そんな私が仕事でいちばん注意を払っているのは、「物事の本質は何か」ということを常に考えるようにしていることです。経営や経済だけではなく、社会や身の回りのことなど、広くその本質について考えることは、それと同時に、俯瞰的かつ大局的な物の見方をも育ててくれるのです。

本質をとらえるためには何が必要か

この連載の過去記事はこちら

その結果、経営コンサルタントとしては効果的なアドバイスができ、経済アナリストとしては正確な未来予測ができるわけです。それでは、本質を見極める力を身につけるには、どういったことをすればいいのでしょうか。

その答えは、学問のジャンルにとらわれず、さまざまなジャンルの知識を学ぶということです。物事の本質をとらえるためには、ある特定の分野の知識だけではなく、多種多様なジャンルの知識を学ぶことが求められているのです。

私のことをよく知らない方々のなかには、仕事の内容から判断して、私が大学では経営学や経済学を専攻していたと推測する人が非常に多いのではないでしょうか。ですから、実のところ、文学部で歴史学を専攻していたと申し上げると、意外に思われることが少なくありません。

しかしながら、私が経営コンサルタントや経済アナリストとしてそれなりの評価をいただけているのは、歴史学的なアプローチを中心として、哲学や物理学、化学など、さまざまな学問の知識も融合させながら、考えを導き出しているからであると思われます。むしろ、異なる分野の学問から見ていたほうが、経営や経済はおもしろいように客観的に見ることができるものなのです。

次ページ知識力と思考力を鍛える
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT