プレゼン強者の「頭の中」はこうなっている!

案件を通し、あなたの価値も"一段上げる"

ビジネスにおける強さは仕事ができるかどうかに尽きます。ただし、自分から「私は仕事ができます!」ということをアピールしすぎると快く受け入れない人もいるため演出には注意が必要です。

「外見」はもっと戦略的に考えた方がいい

強さのアピールはまずは外見です。服装はもちろん、持ち物、仕事のツールなどにも気を配りましょう。服装なんてうわべだけの底が浅いテクニックだと思う方もいるかもしれません。しかし、自分価値を見せる時に大きな役割を果たします。おしゃれに装え、と言っているのではありません。服装は美的センスではなく、どんな集団に属しているのか、どんなキャリアなのかを表しているのです。

自分の仕事におけるプロフェッショナルらしさを表す服装を戦略的に考えましょう。一般的に服装はフォーマル度が高い、つまり格が高いほど「強さ」を感じさせます。相手にとってだけではなく、自分自身も適切な衣服を身に着けることによってプレゼンテーションに対する自信を得ることができます。

私が提供している「プレゼンス&プレゼンテーション」の研修は、一般的なプレゼンテーションスキルを向上させるだけではなく、「プレゼンス=自分価値の見せ方」も向上させるもので、多くの層を対象としていますが、強さをきちんと感じさせる服装をされている女性リーダーには、実はなかなかお目にかかれません。

本人のキャラクターと合っていないフェミニンすぎる装いや、地味すぎる装いのため、せっかくのすばらしいキャリアが伝わらない方もいました。キャリアステージが上がるにつれ、企業や組織の「顔」として相応しい適度な「華やかさ」は強さの表現として必要です。

また、若い女性の方は近年のオフィスファッションのカジュアル化にともない、ややくだけた服装が多いようです。強さをきちんと表現できているかどうかという観点ではカジュアルな素材やだぼっとしたシルエットは格が低いため、ここぞというプレゼンテーションでは、格を意識した服装選びを心がけましょう。

外見に加え、キャリアを具体的に見せることにもこだわりましょう。自己紹介やプロフィールでは、実績をできるだけ数値にします。自分のキャリアにおいて数値化できるもの、キーワード化できるものを探してください。これらを、

(1)自己紹介として自分で冒頭に話す
(2)プロフィールに記載しておく
(3)司会進行役や上司に紹介してもらう

 

……などプレゼンテーション前に何らかの形で聞き手に伝わるよう、仕込んでおきます。自分で言いにくい場合には、(3)など人から言ってもらうのも効果的です。

次ページ「親しみやすい=かわいい」ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT