プレゼン強者の「頭の中」はこうなっている!

案件を通し、あなたの価値も"一段上げる"

ビジネスにおける強さは仕事ができるかどうかに尽きます。ただし、自分から「私は仕事ができます!」ということをアピールしすぎると快く受け入れない人もいるため演出には注意が必要です。

「外見」はもっと戦略的に考えた方がいい

強さのアピールはまずは外見です。服装はもちろん、持ち物、仕事のツールなどにも気を配りましょう。服装なんてうわべだけの底が浅いテクニックだと思う方もいるかもしれません。しかし、自分価値を見せる時に大きな役割を果たします。おしゃれに装え、と言っているのではありません。服装は美的センスではなく、どんな集団に属しているのか、どんなキャリアなのかを表しているのです。

自分の仕事におけるプロフェッショナルらしさを表す服装を戦略的に考えましょう。一般的に服装はフォーマル度が高い、つまり格が高いほど「強さ」を感じさせます。相手にとってだけではなく、自分自身も適切な衣服を身に着けることによってプレゼンテーションに対する自信を得ることができます。

私が提供している「プレゼンス&プレゼンテーション」の研修は、一般的なプレゼンテーションスキルを向上させるだけではなく、「プレゼンス=自分価値の見せ方」も向上させるもので、多くの層を対象としていますが、強さをきちんと感じさせる服装をされている女性リーダーには、実はなかなかお目にかかれません。

本人のキャラクターと合っていないフェミニンすぎる装いや、地味すぎる装いのため、せっかくのすばらしいキャリアが伝わらない方もいました。キャリアステージが上がるにつれ、企業や組織の「顔」として相応しい適度な「華やかさ」は強さの表現として必要です。

また、若い女性の方は近年のオフィスファッションのカジュアル化にともない、ややくだけた服装が多いようです。強さをきちんと表現できているかどうかという観点ではカジュアルな素材やだぼっとしたシルエットは格が低いため、ここぞというプレゼンテーションでは、格を意識した服装選びを心がけましょう。

外見に加え、キャリアを具体的に見せることにもこだわりましょう。自己紹介やプロフィールでは、実績をできるだけ数値にします。自分のキャリアにおいて数値化できるもの、キーワード化できるものを探してください。これらを、

(1)自己紹介として自分で冒頭に話す
(2)プロフィールに記載しておく
(3)司会進行役や上司に紹介してもらう

 

……などプレゼンテーション前に何らかの形で聞き手に伝わるよう、仕込んでおきます。自分で言いにくい場合には、(3)など人から言ってもらうのも効果的です。

次ページ「親しみやすい=かわいい」ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT