大槻 奈那
大槻 奈那(おおつき なな) Nana Otsuki
マネックス証券 執行役員

東京大学文学部卒業。邦銀勤務の後、ロンドン・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。格付け会社スタンダード&プアーズ、UBS証券、メリルリンチ日本証券にてアナリスト業務に従事。2016年1月より現職。名古屋商科大学大学院教授、二松学舎大学客員教授を兼務。共著で、『S&P 日本の金融業界』シリーズ(東洋経済新報社)、『リテール金融のイノベーション』(金融財政事情研究会)、『本当にわかる債券と金利』(日本実業出版社)など。ロンドン証券取引所 アドバイザリーグループ・メンバー。東京都公金管理アドバイザリー会議、財務省財政制度等審議会分科会、貯金保険機構運営委員会、日本貿易保険(NEXI)評価委員会で委員を務める。宅地建物取引士。多面的な金融分野の経験から、変わりゆく金融の将来を考えたいと思っている。趣味は、テニスと落語鑑賞。好きな題目は立川志の輔の「浜野矩随(はまののりゆき)」。絶妙な語り口で、腕がダメでも必死でやればよい物ができると励まされる。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?