世界的な不動産バブルの崩壊はいつ来るのか

暗躍してきた中国マネーの動向がカギを握る

15日にオープンしたマンハッタンの「ハドソンヤード」。階段と踊り場で構成される「ベッセル」が名所になるとされている(写真:REUTERS/Brendan McDermid)

3月15日、米国で過去最大の民間開発プロジェクト「ハドソンヤード」がニューヨークにオープンした。日本勢では三井不動産が参画している。総工費は250億ドル(約2.8兆円)。住戸部分の販売価格は約4億~35億円。それでも、今年年初に一戸260億円の過去最高値で売られたマンションに比べれば、かなりリーズナブルかもしれない。

この連載の過去記事はこちら

過去5年の世界の不動産価格の高騰はすさまじい。BIS(国際決済銀行)でデータが取れる都市部の住宅地は平均で3割以上も上昇した。特に、香港、カナダ、スイス、ニュージーランドなどでは5年で5割近い上昇となっている。

東南アジアでも不動産価格が高騰

このような不動産高騰の波は新興国にも押し寄せている。

カンボジアのシアヌークビルは、かつては国内の富裕層に愛される海辺の静かな街だった。それがここ数年で、カジノと大規模ホテルが並ぶ一大リゾート地となった。2009年に日本で会社更生法を申請した不動産会社クリードも、首都プノンペンで2000戸規模のマンションを建設、系列会社を束ねて同国で6社目となる上場を目指すと報じられている。1戸当たりの価格は1500~2800万円程度と、新興国としてはなかなかの価格だ。カンボジアでは地価の公式データはないが、報道によれば、人気の場所では5年で6倍にもなったといわれる。

タイやマレーシアでも大いに盛り上がっている。タイの不動産価格は、昨年前半時点で、前年から6~7%上昇した。株価も不安定なこれらの国々の住宅価格がなぜ上昇するのか。

背景にあるのは何と言っても中国マネーだ。シアヌークビルは、今や人口の25~30パーセントが中国人と推定されている。タイやマレーシアは、引退後に移住したい国として中国人にも人気だ。特に近年、中国の投資家からの関心が高く、中国の不動産投資情報サイト居外(Juwai)によれば、物件照会数のランキングでは、米国や豪州を抑えてタイがトップとなっている。

こうした好調を続ける住宅価格については、もう1、2年前から、「そろそろバブルが弾けるのでは」と言われてきた。筆者自身、これだけの上昇は続くまいと思ってきたが、結局ここまで堅調に推移してきた。

しかし、いよいよ、昨年の秋口から気になる兆候が出始めた。

次ページニューヨークの住宅価格は下落に転じた
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。