結婚したい人が「なかなか出会えない」根因

女性が結婚に前向きな20代は「女余り」だ

20代では女性の70%が結婚したいのに対し、男性は56%と差があります(写真:Fast&Slow/PIXTA)

突然ですが、まず、次の質問に回答してください。あなたの目の前に、以下の2つの選択肢が提示されました。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る
選択肢B:コイントスして表が出たら200万円もらえるが、裏なら1円ももらえない

さて、どちらを選びますか? どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は、計算上100万円です。ですが、多くの人が「選択肢A」を選んだのではないでしょうか。人間は50%の確率で200万円が手に入る選択より、50%の確率で1円も得られないというリスク回避をするからです。

これは、ノーベル経済学賞を受賞したアメリカの心理学・行動経済学者ダニエル・カーネマンが提唱した「プロスペクト理論」といわれるものです。お金の話だと、冷静にリスク回避できるのに、不思議なもので、「結婚」になると、多くの未婚者が選択肢Bを選んでいるのです。

未婚者の結婚意思について調査した

本連載では「結婚できない」のではなく、「結婚しない」または「結婚する必要を感じない」ソロ男女の事例をたくさん紹介していますが、なかには「結婚したくてたまらないのにできない」という未婚男女もたくさんいます。

この連載の一覧はこちら

以前、『「独身の9割が結婚したい」説の根本的な誤解』という記事で紹介したとおり、18~34歳未婚者のうち、明確に「結婚したい」と考えているのは、男性4割、女性5割にとどまります。

これは最近の傾向ではなく、30年前の1987年からずっと続く傾向です。平均初婚年齢の30代で見ても、「結婚への強い意志」を持つ未婚男女は、半分くらいしかいません。

2018年に1万2000人規模で、未婚者の結婚意思について、私が主宰する「ソロもんラボ」で新たな調査をしました。「結婚したい」と「結婚したくない」の意識の違いを男女年代ごとの差分で比較したグラフがこちらです。

次ページ年代別の結婚意思を細かくみてみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。