結婚したい人が「なかなか出会えない」根因

女性が結婚に前向きな20代は「女余り」だ

20~30代の400万円以上の男性狙いの場合、女性は74万人余ります(対象は200万~400万円の年収の女性)。600万円以上なら34万人女余り(対象は400万~600万円の年収の女性)、800万円以上でも6万人女余り(対象は600万円以上の女性)という結果となります。

ただし、この計算のように、きれいに200万円差でマッチングするわけではありません。800万円以上の高収入男性には、自分の年収にかかわらず、無職の女性もライバルとして参戦してきます。当然、激戦は必至です。

仮に、800万円以上の年収の「結婚意思のある」20~30代未婚男性をすべての女性がターゲットとした場合、340万人の女性がたった2万5000人の男性を奪い合うということになります。その倍率、実に136倍です。

適齢期の高年収男性は絶対数が少ない

それくらい、適齢期の高年収男性は絶対数が少なく、引く手あまたです。そうした人たちはそもそも需給原理から言えば、「即完売」であり、そもそも婚活市場自体に流れてきません。

次ページ40代以上は「男余り」だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。