結婚したい人が「なかなか出会えない」根因

女性が結婚に前向きな20代は「女余り」だ

20~30代の400万円以上の男性狙いの場合、女性は74万人余ります(対象は200万~400万円の年収の女性)。600万円以上なら34万人女余り(対象は400万~600万円の年収の女性)、800万円以上でも6万人女余り(対象は600万円以上の女性)という結果となります。

ただし、この計算のように、きれいに200万円差でマッチングするわけではありません。800万円以上の高収入男性には、自分の年収にかかわらず、無職の女性もライバルとして参戦してきます。当然、激戦は必至です。

仮に、800万円以上の年収の「結婚意思のある」20~30代未婚男性をすべての女性がターゲットとした場合、340万人の女性がたった2万5000人の男性を奪い合うということになります。その倍率、実に136倍です。

適齢期の高年収男性は絶対数が少ない

それくらい、適齢期の高年収男性は絶対数が少なく、引く手あまたです。そうした人たちはそもそも需給原理から言えば、「即完売」であり、そもそも婚活市場自体に流れてきません。

次ページ40代以上は「男余り」だ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。