結婚したい人が「なかなか出会えない」根因

女性が結婚に前向きな20代は「女余り」だ

20~30代の400万円以上の男性狙いの場合、女性は74万人余ります(対象は200万~400万円の年収の女性)。600万円以上なら34万人女余り(対象は400万~600万円の年収の女性)、800万円以上でも6万人女余り(対象は600万円以上の女性)という結果となります。

ただし、この計算のように、きれいに200万円差でマッチングするわけではありません。800万円以上の高収入男性には、自分の年収にかかわらず、無職の女性もライバルとして参戦してきます。当然、激戦は必至です。

仮に、800万円以上の年収の「結婚意思のある」20~30代未婚男性をすべての女性がターゲットとした場合、340万人の女性がたった2万5000人の男性を奪い合うということになります。その倍率、実に136倍です。

適齢期の高年収男性は絶対数が少ない

それくらい、適齢期の高年収男性は絶対数が少なく、引く手あまたです。そうした人たちはそもそも需給原理から言えば、「即完売」であり、そもそも婚活市場自体に流れてきません。

次ページ40代以上は「男余り」だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT