「AMG SL65」は2世経営者が愛する車だった

4人の高級車オーナーとドライブデート<2>

今回はベンツブラックシリーズ、AMG SL65のオーナーだ
近年、「若者の車離れ」が叫ばれる中、依然として東京は世界でも有数の高級車オーナーの生息地だ。都内を歩いていると遭遇することもあるが、実は彼らの生態はあまり知られていない。どんな仕事をしていて、どんな生活を送っているのか?
そこで、筆者の私は合コンで知り合った4人の高級車オーナーを通称C4と名付け、高級車ドライブデートを重ねた。その一部始終から、彼ら一人ひとりのプロファイルを暴き、彼らの正体を解明していきたい。

 

<ベンツ君:38歳。会社経営(2世)>

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

麻布十番に現れたその男の車を見て、商店街の道脇に停車した高級車オーナーたちが振り返る。「いい車ですね……」と通りがかりにわざわざ窓を開けて声をかけて来る者までいるほどだ。

「いい車ですね」と声をかけられるほどの高級車とは

都内では数台しかないと言われている、ブラックシリーズのAMG SL65。

「クルマ馬鹿って言われても否定しないよ。3歳くらいの時から車のブランド名は全部言えて、6歳の時にはテールランプの光り方でどの車か言い当てられるくらい、物心がついた時から大の車好き。」

飲み会主催者の女の子から聞くには、ほかにもポルシェを2台、ベンツ、バイパーをそれぞれ1台所有しているとか。さらには神奈川と京都に別荘を数件持っているという資産家だ。

「父から会社を継いで、今は不動産や株、建設など幅広くやってます。その時代の波に乗っかっていろいろとやってきました。」

次ページベンツ君の交友関係は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT