ベンツ、輸入車首位返り咲きへ周到な仕掛け

コンパクトカー「Aクラス」で狙う客層は?

テクノポップユニット「パフューム」をCMで起用

今年、実に16年ぶりとなる輸入車首位の座の奪還が見えてきたメルセデス・ベンツ日本(MBJ)。その好調を牽引してきたコンパクトカー「Aクラス」を11月26日にマイナーチェンジ。エンジンやサスペンションを改良し、LEDヘッドライトの機能も向上させた。

2013年のフルモデルチェンジの際には、エヴァンゲリオンを手掛けた貞本義行氏によるアニメーションをCMに起用。同年のAクラスの年間販売台数は1万2400万台を越えて過去最高を記録、それまでMBJの主力だったCクラスを抜いた。

価格は手が届きやすい296万円から

今回のモデルチェンジでは、前回と同様に貞本氏がキャラクターデザインを担当し、テクノポップユニットのPerfume(パフューム)をアニメーション化して登場させる。

Aクラスには5つのモデルが用意されており、もっとも安いモデルは296万円からと手に届きやすい価格に設定されている。売れ筋は安全装備のオプションを充実させた、下から2つ目のモデル(326万円から)だ。

ベンツといえば、年間1万5000万台以上を販売することもあるCクラス(427万円から)や、Eクラス(687万円から)、Sクラス(998万円から)などの高級車種をイメージしがち。しかし、ここ数年はコンパクトで200~300万円台の低価格帯車種を拡充し、国産車からの乗り換え客獲得を目指してきた。

MBJは「ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カー」と呼ぶAクラスをベースにした五つの小型車を戦略5車種に位置づけている。「CLA」や小型SUVの「GLA」(ともに351万円から)など小型車種に注力することで、以前の高級路線では囲いきれなかった新たな客層を獲得してきた。

次ページ2016年以降の展望は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。