ベンツ、輸入車首位返り咲きへ周到な仕掛け

コンパクトカー「Aクラス」で狙う客層は?

テクノポップユニット「パフューム」をCMで起用

今年、実に16年ぶりとなる輸入車首位の座の奪還が見えてきたメルセデス・ベンツ日本(MBJ)。その好調を牽引してきたコンパクトカー「Aクラス」を11月26日にマイナーチェンジ。エンジンやサスペンションを改良し、LEDヘッドライトの機能も向上させた。

2013年のフルモデルチェンジの際には、エヴァンゲリオンを手掛けた貞本義行氏によるアニメーションをCMに起用。同年のAクラスの年間販売台数は1万2400万台を越えて過去最高を記録、それまでMBJの主力だったCクラスを抜いた。

価格は手が届きやすい296万円から

今回のモデルチェンジでは、前回と同様に貞本氏がキャラクターデザインを担当し、テクノポップユニットのPerfume(パフューム)をアニメーション化して登場させる。

Aクラスには5つのモデルが用意されており、もっとも安いモデルは296万円からと手に届きやすい価格に設定されている。売れ筋は安全装備のオプションを充実させた、下から2つ目のモデル(326万円から)だ。

ベンツといえば、年間1万5000万台以上を販売することもあるCクラス(427万円から)や、Eクラス(687万円から)、Sクラス(998万円から)などの高級車種をイメージしがち。しかし、ここ数年はコンパクトで200~300万円台の低価格帯車種を拡充し、国産車からの乗り換え客獲得を目指してきた。

MBJは「ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カー」と呼ぶAクラスをベースにした五つの小型車を戦略5車種に位置づけている。「CLA」や小型SUVの「GLA」(ともに351万円から)など小型車種に注力することで、以前の高級路線では囲いきれなかった新たな客層を獲得してきた。

次ページ2016年以降の展望は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT