幸之助が強調した「ゼロから発想する勇気」

今あるものに継ぎ足そうとするな

「トヨタの言うことをそのまま聞こう」

たまたまその検討会議をしている部屋にやってきた松下は、検討を重ねている社員の姿を見て言った。

「トヨタさんが要求する値引きはかなり厳しい。けれども将来の日本の自動車産業の姿を考えると、国際競争に勝たなければならん。この際トヨタさんの言うことをそのまま聞こうやないか。協力しようやないか。ここにある製品はないものと思って、まったく新しいカーラジオを一から作るという発想でやってみよう。

出来んと言えば、うちも成り立っていかないし、トヨタさんも成り立っていかない。それでは日本の国も成り立っていかないことになる。一企業という立場ではなく、国家のことを考えて、これに取り組まんといかん」

その結果、一年後には20%安くしてもなお10%の利益があるカーラジオが出来上がった。

ぎりぎりまでやってこそゼロに立ち返れる

日々の積み重ねとともに、その一方で、改善、改革をしていくときには、今あるものに継ぎ足すのではなく、全部否定してゼロから発想してみる勇気を持つことも重要である。そこから大きな飛躍が生まれる。

もっとも、最後に付け足しておこう。ゼロからの発想をする勇気を持つためには、普段から懸命の努力をしていることが絶対に必要なのだ。普段さぼっていれば、「あと少し継ぎ足せる」と思ってしまうのが人情である。ぎりぎりまでやっていればこそ、私たちはゼロにまで立ち返れるのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。