【産業天気図・スーパー/コンビニ】消費冷え込み続き08年度は「曇り」模様、各社の競争激化も必至

スーパー・コンビニ業界は08年度も厳しい状況が続く。賃金の上昇が見込めないうえ、原料高に伴う商品値上げが相次き、消費者の防衛意識が高まっている。市場全体のパイが縮小する中で、各社の戦略の成否が問われる年になりそうだ。
 スーパーの既存店売上高は1月まで25カ月連続で前年割れが続いている。消費が停滞しているうえ、天候不順による衣料品の低迷が響いた。業態的には衣食住をそろえる総合スーパーの苦戦が目立つ。一方で食品スーパーは比較的堅調で、08年度も「総合型」の苦戦という構図が続きそうだ。
 スーパー各社にとって08年度は、商品値上げにどう対処するかがポイントとなる。総合スーパー最大手のイオン<8267>は、グループ6兆円のバイイングパワーを背景に、低価格戦略を踏襲する方針。価格優位性発揮によるシェア拡大を目指す。ただ衣料品などの苦戦が予想され、大幅な収益改善は望みづらい状況にある。
 セブン&アイ・ホールディングス<3382>傘下のイトーヨーカ堂も、商品値上げには慎重に対処するだろう。しかし同じように環境は厳しく、今後4月にも発表されるグループの中期計画見直しで、同社のてこ入れ策をどのように描くかが注目される。
 一方、コンビニ業界も店舗の飽和状態は相変わらずで、状況の好転は望めそうにない。今後は店舗のスクラップ&ビルドによる立地移転が増えるだろう。業界全体の店舗純増数は限定的になる可能性がある。
 前年割れ基調が続く既存店売上高は、客単価が足を引っ張っている。消費者の弁当離れが大きな要因だ。各社とも「特盛り」系や健康志向、できたてニーズなど、多方面から米飯を中心に商品開発を強化し、買い上げ点数アップに施策を打つ。
 大手コンビニはチケット端末などを軸に、家事代行サービスなど、更なる利便性の向上に取り組んでいる。こうしたな資金、インフラ面で劣る中堅、ローカルチェーンは一段と厳しい戦いを強いられそうだ。
【並木 厚憲記者】

(株)東洋経済新報社 四季報オンライン編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。