「職場流行語」が映す、世知辛すぎる現場の声

なぜ普通の職場で「ドローン」が流行った?

2015年、あなたの職場で流行った言葉はなんですか?(写真:アフロ)

今年も残りわずかとなってきました。 年末は何かと仕事も立て込み、連日の忘年会でお疲れのことかと思います。さて、2015年を締めくくる今回のテーマは、昨年の最終回同様「職場で流行った言葉ランキング」です。

今年も12月1日にユーキャン新語流行語が発表され、大賞には「爆買い」と「トリプルスリー」が選ばれました。ちなみに2014年の流行語大賞は「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」でしたね。皆さん、ちゃんと覚えていましたか?

「職場流行語」、上位3つはこれだった

さてそんな流行語ですが、2015年の「職場流行語」はいったいどんなものだったのでしょう? 営業部女子課メンバーたちの雑談から見えてきた傾向をまとめ、今年もランキングにしてみました。

第3位 「ドローン」

ドローンといえば、遠隔操縦できる小型無人航空機のことですよね。確かに近ごろ、話題に上る機会は増えましたが、多くのビジネスパーソンには関係のなさそうなこの言葉。なぜ職場で流行しているのでしょうか?

「うちの職場では、営業先などに行きたくないとき、上司がギャグで『あーあ、誰か遠隔操作でやってくれないかな、ドローン(どろん)したいよ』とつぶやいたことから、いつのまにか流行語になってました」

なるほど、姿をくらますことを意味する「どろん」と「ドローン」をかけたということですね。さらに「遠隔操作」してほしいと。

次ページ冗談を言えているうちはいいものの…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。